海辺に住みたい設計士

海辺に移住するという夢に向かって日々奮闘。当面の目標は一級建築士取得。釣り好き。

船上ミーティング、、どころじゃなかったボート釣り その2

序盤こそ颯爽と釣れ始めてました。

image-20130521130949.png

マイクロピンギス。針がエラに入っていたためキャッチ。

その後も大きなピンギス、イシモチ、外道のベラ、アナハゼが釣れいつもよりはだいぶ好調な滑り出し。(その日の相川ボートの釣果をみると愕然とするわけだが)

image-20130521131319.png

さあそろそろツリーハウスの話をしようかとの矢先、、、

爆風が吹き荒れる。

ノートが飛ぶとかそういうレベルではなく舟ごともってかれるレベル。

アンカー打ってるとかもはや関係ないレベル。

他のボート屋のエンジン船に救助される。

image-20130521153947.png

さあ、救助もされたことだし気を取り直して釣りましょうか。というのも束の間。。

image-20130521154128.png

こんなん釣った後に。。。

image-20130521154205.png

風に押されて浜辺まで座礁。笑

すかさずライフセーバーが来て出ていけとの命を受ける。

わかってますとも、わかってますとも。

僕らだって4200円も払ってウインドサーファーの邪魔をして、海水浴客の見世物になりたい気なんか全くないですよ。

やっとの思いで海岸のドンつきの護岸まで手押しで持っていく。

ズボンはびしょ濡れ。

裸足に刺さる貝殻。

ようやく舟に乗って戻れる状態に。

途中でボラがものすごい勢いでライズしていて、「ボラ釣りたくなったらここにこよう」とko。

そんなときいつくるんだよと思いながらも、

いやまてよ、ボラパターンでシーバス入ってくるんじゃねえかと思うf。

全く釣りバカというのは、

ことの重大さをイマイチ把握できてないというか、優先順位がおかしいというか。

ただで転ぶ気は毛頭ないというか。

そうこうしてなんとか沖へ。

しかしこげどもこげども、また砂浜へ押し戻されるではないですか。

流石に砂浜へのセカンドラップは嫌すぎる。

そんなこといったってどんどん押し戻される。

やべえなこれどうすっぺと思ったところに

「ぶぃぃぃぃぃーーーーーーーーーーー」

このエンジン音は!

我々は諸手を挙げて救助を求めました。

なんてったって八景島シーパラダイスの目の前で遭難してるんですから。

image-20130521162716.png

いやいやおじさんほんとにありがとうございます。

今回学んだこと。

ボートに乗る時は風速をシビアにチェックする。

体にあったボートかチェックする。

(今回のったボートが全く体に会わなくて、腕の筋肉だけで漕いだ結果、ひどいことになった)

その後、おかっぱりの鉄板のポイントでカサゴを4匹釣って帰りました。

労力と釣果を照らし合わせたら、ボート乗らなくて良かったとも言えますが、そんなつまらないことは言いません。これからもめげずに楽しげなことに果敢に挑戦したいと思います。

f.